FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-好きな言葉~本編~-

0 Comments
健太郎
先日、、好きな言葉について、前置きを書きました。

今日は内容について、

「芸術とは、見えないものを見えるようにすることである」パウル・クレー


誰もが感じているのだけれど、誰も具体的な言葉にはしていないことを、見えるように聴こえるように表現するのが上手なミスチルの桜井さん。

ユトリロは、雪景色を淡々と描くだけで、行き場の無い孤独を描く。

ゴッホの自画像は、その感情が、目の前で会話をしているかのように、語りかける。


僕もまだうまく言葉に出来ないのだけれど、

「ウイスキーの瓶」をただ写すにしても、描くにしても、

そこに「ウイスキーの瓶」以外の「何か」を感じる空気を宿すのが、芸術家の写真、絵画だと僕は思うのです。


マスターの顔かもしれないし、失ってしまった何かかもしれない、

大切な人の笑顔だったり、昨日の飲み会だったり。


美しい音楽は、楽譜も美しい、と言うのはよく言われる話。


そこから流れる音楽は、普段なんとなく通り過ぎてしまう風景や、見て見ぬフリの心や気持ち、そうゆうものを作品にしたい。


だから、僕はこの言葉を大切に思っています。



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply