FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

とんぼ雨

1 Comments
健太郎
作詞作曲/健太朗



また一つ 季節が過ぎ
遠ざかる雨の音に
君は何を感じながら
次の季節を待つだろう

情熱を冷やす 秋の風
赤とんぼが泣いている
色んな嘘をついたけど
隠しきれない 恋心

悲しい晴れの日には
空の青さが特に悲しくて
振り返る時には
いつも笑っていた 君なのに...

また一つ 季節が過ぎ
思い出すこともあるだろう...


また一つの風が吹いて
連れてくる雨の音に
君は何を思いながら
どんな日々 過ごしてるだろう

夕焼けに染まる 秋の空
赤とんぼが笑ってる
色んな夢を捨てたけど
忘れられない 友の声

優しい星の夜には
月の灯りが特に優しくて
立ち止まる時には
いつも見上げていた 君だから...

また一つの風が吹いて
思い出すこともあるだろう...

思い出をそっと運んでくる
赤とんぼ...



スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 1

There are no comments yet.
健太朗  
<歌詞の解説です>

夕焼けや赤とんぼには、子供の頃を思い出させる何かがありますし、また空を見上げると、ノスタルジィが溢れて止まない。そんな感傷的な気持ちから生まれた曲です。

2008/09/14 (Sun) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply