FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-ブレイク前夜のラルク-

0 Comments
健太郎
ラルクの「heavenly」と「Tierra」をipodに入れてみた。

中学時代の思い出のCD二枚。


デビュー前から直後までのhydeさんは、圧倒的に歌が巧い。

今はまた巧くなって来たけど、当時の巧みには叶わないかもね。

粘っこいクセが少ないから、今より好感。


「heavenly」の頃は、味わい深いなぁ。

この頃は、hydeさんも淡いブルージ-ンズにモノトーンのシャツというファッションも多かった。


化粧も薄く、無闇にひげを隠したりしなかったので、今より男らしくて好きですね。

当時のラルクなら、そりゃ好きになりますわ。と気付きました。


今、聴いてもセンスいいし、見た目も地味に恰好いい。


今は、確かに垢抜けたかもしれんが、地味で鬱々とした味わいが薄いかもな。


歌詞を見ても、自分らは「しがない一般庶民」という自己認識にも好感が持てました。

スターの音楽ではない庶民の音楽。


そうゆう味わい深さが、この頃のラルクにはあります。



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply