FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-行く手を阻むもの-

0 Comments
健太郎
普段、あれですよね。割に出来るだけ穏やかを装っていますけれど。

本当に嫌いで、僕が目の敵にしているものがあるんです。


ガソリン代その他が収入を浸食し過ぎている程、相当にドライブが好きなのですけれども。

ヤツはふいに目の前に現れて、立ちふさがるんです。


そう。感応式信号です。

ヤツは、かなりの頻度で俺をシカトしてくる訳で。


そうゆうとき。ふと、自分はこの世に存在していなくて、運転していると思っているこの車自体、空想の産物で、何も変わらない無人の交差点だけが、この場には存在しているのか、と疑いをかけてしまう訳で。


まぁ実際には、車の位置を調整することで、ほどなく斜め前歩道の信号が点滅を始め、ただ単純に感度の悪いポイントに停止してしまっていただけなんですけど。多分。

多分。おそらく。オカルトな世界で無ければ、、


と、そうゆうことを延々つらつらと考えてしまうほどに、赤信号を睨んでいる時間は長い訳なんです。


もう少し感度が良くならないもんかね。

そもそも、ほんとに自分は存在しているのかね。


と言いつつも「この世界」の存在自体を疑い出したら、そもそもがヴァーチャルリアルな世界なのかもしれないですけれど。否、そうゆう思考は、危険を伴いますので、また次の信号でブレーキをかけるように、切り上げる次第。むつかしい話ですね。ほんと。



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply