FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-歌について-

0 Comments
健太郎
今、バックホーンを聴いていて。ヴォーカル山田さんの歌い方って、木琴のような筒状で減衰系の発声なんですよね。似たとこで、バンプ藤原さんは、鋭利な針状の発声ですよね。

日本のカラオケ文化っていうのは、音程や呼吸、発声メカニズム、ボイストレーニングの文化だと思うんです。

器楽としての声という観点も面白いかな。と思ったり。

僕らアーティストを志す人間は、カラオケが上手くなることが目標では無いと思うんです。

どうゆうことかってまだあまりよくは分からないですけど。

例えば、平井堅さんとかエグザイルさんとか、歌は上手かもしれないですけど、僕は特に聴きたいと思うことって、あっても年に数回くらいですし。好きな人は目指せばいいと思うんですよね。うまくいくかは別問題として。

必要な場所というか。結局、自分の立ち位置というか。

例えばニルヴァーナが好きでも僕にカートコバーンは求められていないというか。僕も求めないというか。

何かややこしいから終わりにしようか。

俯瞰やスタンスの問題なのかな。

エゴと調和。

自我と世論。

徳永さんがロックをやっていても。マサムネさんがパンクをやっていても。自己満足以上には成れなかったと思いますよね。きっと国民の大半は。

くるりが美声のテノールでも違うんです。

僕が考えているのは、結局そうゆうこと。



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply