FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-ひとのことば-

0 Comments
健太郎
あの人の、やさしさに見せかけた言葉に。

思いやりに見せかけた言葉に。

傷つけられて、虐げられ、死を間近に感じる。

いつもより、ほんの少し、死をそこに感じる。

やさしさ、であればこそ。

思いやり、であればこそ。

そこには、ただ、絶滅だけがある。

伝わるはずのない、やさしさ、を。

どうして、伝わる、と、履き違えることが、できるのであろう。

======

或いは、螺旋階段。

それとも、歩道橋の下のベンチ。

そこからは、確かに、三日月が見える。

或いは、三日月が見えた。

わたしの、想像のなかの、話。

わたしの、想像の、物語。

そこにいる人は、誰ですか。

あなたですか、君ですか。

=====

東からは、明日がやってくる。

その前に、今日の日に、さようなら、を告げる。

おやすみなさい、と声を潜めて。

=====

それは、例えば、月見草。

または、鮮やかなワインレッドのファンタグレープ。

そうでなければ、ブラウンブラックのコークハイ。

或いは、螺旋階段。

=====

今宵は、月が綺麗ですか。

わたしは、空を見ていません。

いつか見上げる空に。

月は綺麗であれ、そう願う。


thomas書記

スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply