FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-Pro Tools、備忘録-

0 Comments
健太郎
Pro ToolsをWindowsで使う設定について。

作業環境は、Windows 10に対して、公式サポートはされていないPro Tools 10を使用。

まずは、iLokについて。

こちらは、きちんとログインして、シンクロナイズする。

iLokを単独で開いて、ログイン、そして、画面右手に見えるsynchronizeをクリックする。

この作業で、Pro Toolsを開けない原因のひとつは、解決することができました。

あとは、DAEエラー0の対策。

こちらは、結果的には、スルーして問題なし。

原因は、ソフトシンセのアプリケーション非対応。

なので、解決策としては、別途、使用できるソフトシンセを用意すること。

わたしは、フリーのNATIVE ACCESSというソフトシンセを使用しました。

こちらは、ログインアカウントを用意して、きちんと必要なファイルをダウンロード、かつインストールすること。

検索すると、プラグインの使用方法は、ネット上にあります。

この2点で、主な大きな設定な問題は、解決することができました。

あと、細かなところでは、プラグインの初期化なども実践しましたが、あまり効果があったとは言えないものでした。

iLokのシンクロナイズと新規ソフトシンセの手配、この2点で、わたしのケースでは無事に設定が完了しました。

あと、プラグインの初期化をして、アプリケーションが開けなくなってしまうケースもありました。

そのときは、アクセス権の問題だったので、プラグイン関連のファイルをすべて変更や読み書き可能に変更して、対応しました。

設定の不具合の際など、ご参考までに、備忘録を記しておきます。


スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply