FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-前向きに生きること-

0 Comments
健太郎
最近あんまりblogを見に来てくれる方がいなくてね。

まあ、こんなこと書いてるのも、どうかと思うけどさ。

それでも、もう10年以上、淡々と更新を続けてるから、今日に始まったことじゃないからね。

わたしは、いつでも月に10~15くらいと決めて、いつどんなときでも、ふと思い出して、あいつどうしてるかなって見に来たときに、変わらずに最近の近況が見れる、そんな金太郎飴のようなblogでありたいな、と思って、あんまり見に来てくれる人がいないときも、淡々と書き続けてるんだよね。

何度も、何度も、見に来てくれる人があんまりいなくて、筆を折りたいなと思ったことは、数え切れないしね。

また、変わらずに続けていたら、春先には、或いは、来年くらいには、また誰ともなく、見に来てくれるかな、と思って続けるだけだからね。

それでも、ほんとはしんどいんだけど、だけど、1人でも見に来てくれる人がいるなら、わたしは淡々と日々の徒然を、のんべんだらりと綴って参ります。

しんどいんだよ、苦しいんだよ、辛くて泣きたいんだよ。

だけどね、ひとつのことを、丁寧に続ける、ってそういうことだと思うんです。

それは、わたしだけじゃないし、あなただけでもない。

君だけじゃないし、お前だけでもないし、あんただけでもない。

筆なんて、いくら折っても足りないよ。

そこで堪えて、筆を持つこと、それだけなんだよね。

今年は、もう2作の小説を書き上げました。

まだ1月だけどね。

そんな、枯れない才能なんて、ないからね。

人が例え、ひとり、またひとり、と離れてしまうときにでも、目の前で笑ってくれている人を、大事に思いながら、丁寧に筆を持つこと。

それだけだと思うんです。

書けないとき、乗らないとき、逃げたいとき。

そんなの、誰にだって、あることだから。

だから、わたしは毎日、休むことなく書いてるし、これからも、書いていくと思う。

わたしだから、こういう日々なんじゃない。

あなただから、そういう日々なんじゃない。

わたしにとっても、あなたにとっても、泣きたいことは、あると思う。

それでも、泣いても変わらない日常を、ぐっと堪えて、また次の言葉を、音楽を綴ること。

向かい風は、ただひとりのもとに吹くわけじゃないから。

そのことを、そっと感じられて。

前向きな笑顔の意味を、せめて、見に来てくれる人には、いつでもわかっていてもらいたいなと思う。
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply