〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-惑星-

0 Comments
健太郎
地球とか、木星とか。土星とか。

地球に生まれたら、もしかしたら、有難いことかもしれない。

そんな実りある何かを見つけたら。

そのときは、悔やんでも、潰されても。

実りある地球のこの大地を慈しんで。

思い切り、広げてほしい。世界を。

だから、僕はそんな憎しみに満ちた世界かもしれないけど。

憎しみばかりを抱いている誰かにただ、ただ歌を歌うし、本を物語る。

音を奏でるし、色彩を描く。

そんな背中はちっぽけで頼りなくてみっともなくて情けないかもしれないけど。

いつだって何も問題など、どこにもないような顔をして続けて行くし。

例えばそれが台風の目のように見られたとしても。

始めから風ひとつ吹いていないような顔をして、音を言葉を奏で続ける。


スポンサーサイト
健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply