FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-音楽の意味、音楽の価値-

0 Comments
健太郎
十代の終り、新宿の街を死にかけて彷徨っていた頃、
いつも訪れるレコード屋の視聴機で、彼のモーツァルトには幾度となく救われた。

そして今またこうして癒されていることそれもご縁かしら。

辻井伸行さんは盲目のピアニスト。

そこに大きな意味はないけれど、自分が救われていることには、
そこにも大きな意味があるように思います。

こうして美しい音楽を奏でてくれるピアニストに、
音楽の意味を音楽の価値を改めて見直すことにもなります。

そしてまた、ATSUSHIさんの誠実な歌声も、
寄り添うように美しく響いています。

和音ひとつに、音の連なりひとつに、
陰りや光りを丁寧に見つめて作られた楽曲のように思います。

ぜひよかったら聴いてみてください彡


EXILE ATSUSHI & 辻井伸行 / それでも、生きてゆく / youtube



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply