FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-単価150円の価値-

0 Comments
健太郎
少し仕事が落ち着いて、

小説も休筆しつつ、


音楽を作っています。


先日、販売を休止した作品を、新たに五曲か六曲くらいのミニアルバムとして公開するために、

ミックスとマスタリングをくり返しています。


一曲の単価は、150円。iTunes配信も考えているから、ここの単価は動かせない。


単価150円の価値を提供するために。そのために試行錯誤して、時間と労力をつぎ込んでいます。

私のアルバイト先である百円均一では、一個弱の値段価値。


もちろん、時給換算したら、明らかに空き時間をコンビニバイトにでも回した方がお金は稼げるかもしれない。

しかし、150円でどれだけの価値を提供することが出来るのか。


理想を言えば、志しを述べれば、理想論を語れば、150円で命を救う、くらいの理想は持っているつもり。あくまで理想の話です。


でも現実にそのくらいの気持ちを持っていなかったら、音楽をお金に換えることを志して三十路は迎えていないと思う。


金額にすればわずか150円の価値ですが、そこに誠実な作品を提供したいし、納得する価値を提供したい。

youtubeの無料配信と違うところは、もちろん音楽はリスナーの時間を頂く芸術ですが、そこに時間だけでなく、プラスお金を頂くことになりますから、その価値の重さを、しっかり作品に反映させるべく目下奮闘中です。


ま、現実にはその価値を、云々の話ではなく、しっかり価値を感じて代価を支払ってもらえるような作品を作らなきゃ誰も買ってなんてくれないよなぁ、というところが先立ってしまいますけどね。。


でもそこじゃない。音楽家、芸術家たるものまずはいいもの、納得のいくものを作って。

そしてそれからビジネスマンとして売ることを考える。


頑張ろう。頑張りましょう。



thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply