FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

-やさしさ-

0 Comments
健太郎
辛くて辛いとき、それが辛ければ辛いほど、

そこから新しい自分に出逢えるチャンスも多く、また大きなものになる。


もうダメだっていう一線を踏みしめた、その一足一足が、

やがて、少しずつ鉄の靴よりも屈強な足腰となる。


そういう感覚を、

三十歳を越えたあたりから、

日に日に感じることが多くなって来ました。


自分が例えば誰かに憎まれても、蔑まれても、小馬鹿にされても、

焦点を自分、自分、自分から、世の中に社会に周囲に合わせることで、


成すべきことを成し続けることで、

自分自身の与えられた役割、社会の歯車としての機能性、実用性を高めてくれる。


そうして、機能性や実用性を高めることは、

周りの人を助けることにも、支えることにもなり、


ひいては、それが人としてのやさしさや思いやりなどにも繋がるのかなぁと。




thomas書記
スポンサーサイト



健太郎
Posted by健太郎

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply