FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2019年11月 1/1

-ろうそくの灯り-

No image

いつでも変わらずに、仏の微笑みなんかで、居られるわけがないだろう。どんなときも同じような、やさしさを、百点満点を取れるわけがないだろう。それでも、わたしは、昨日、わたしが踏み潰した、その人の、そのときのかなしそうな顔を、いつだって、はっきりと覚えているし、冷たく突き放したときの、その人の、切ない横顔を、片時だって忘れたことはない。もちろん、それでは、そんなんでは、日常生活を送れやしないから、暫定的...

  •  0
  •  0

-大嘘平八郎(仮)-

No image

今日は抜けるような青空でした。嘘はいけないよね。水戸も曇りだし、都内も雨でした。わたしの今日の行動を知っている人からしたら、大嘘平八郎です。嘘吉松左衛門です。でも、わたしが青空の下にいる可能性を考慮している人からしたら、あまり嘘とは思われないかもしれない。例えば、わたしが中学生くらいのとき、俺は間違いなく近いうちギターが弾けるようになるし、きちんと作曲して世に発表するよ、と話していたら、どこかで大...

  •  0
  •  0

-時代の気分-

No image

10代の頃に聴いてた音楽で、Jeff Buckleyというヴォーカリストがいるんですけど。その頃に川で水死してしまって。その遺作は、その頃によく聴いてました。そのあとも、編集盤が色々と発売されて。最近、少し前には「You And I」という未発表作品やカバー作品などを集めたものが発売されました。それで、思うんですけど。その作品を聴いてると、ギターの音色が、細かなところなんですけど、今の時代の気分の音色になってると思うん...

  •  0
  •  0

-ところで-

No image

ところで、先ほどの記事は、noteからの転載です。そして、わたしは類い稀なる天才です。更に、わたしが心を痛めてるというか、胸の中でもやもやとくすぶっている一番の要因は、先日の天災です。返事がないのは元気な印、といいます。とはいえ、ご家族や住居共々、無事であってくれたらいいな、と願うばかりです。この記事をみて、心当たりがありましたら、ぜひともトーマスおじさんまで。というような、心のざわめきでありました。...

  •  0
  •  0

-理想と現実の狭間を散歩するように-

No image

blogの更新がいまいちです。とても低空飛行で心が折れております。さて、わたしは10代の頃から、散歩が好きで。10代の頃は、実家の周りを、いつも軽く1時間以上は、ふらふら歩いてました。それも、毎日のように。20代に入ると、不審者になりやすいことを考慮して、公園に車を停めて、公園を散歩してました。最近では、公園やあとはダムの辺りとか。そういうとき、散歩してるとき。よく短歌のことを考えます。今も昔も。あとは、...

  •  0
  •  0

-とまとまをの由来-

No image

昨晩は、noteに5件もの下書きを書いて、どれもいまいちでスルーしてました。さて、本日は、わたしが主にTwitterなどで使用しているニックネーム「とまとまを」について。まず「とまとまを」の句読点は「とま・とまを」です。そして、アクセントは「と」になります。その由来は、主に、相田みつをさんの言葉をもじったものをツイートする、という趣旨で。みつをの「を」を生かして。「とま」はトーマスの「とま」です。最上もがの印...

  •  0
  •  0

-ルフナティー-

No image

また、ルフナティーを飲んでいる。ルフナティーのルフナとは、なんだろう。わからないけど、紅茶であるらしい。あなたも、きっと、好きになる。みんな大好き、ルフナティーのお話でした。...

  •  0
  •  0

-あなた、語りかける-

No image

あなたがそこに居なかったら、わたしはきっと少しだけ今とは違うわたしだったと思う。それはわたしが居ることによるあなたも多少はそうかもしれない。でもそれはわからない。あなたはわたしが居なくても変わらないあなただったかもしれない。だけど、きっと少しだけ今とは違うあなたであったであろうことをわたしは知っているし、そのことを感じられるくらいには、わたしはわたしを自覚している。何の話をしているのか。あなたと出...

  •  0
  •  0

-叫びたい-

No image

さすがにちょっときついな、この日々。叫びたい。ちょっと叫んでもいいですかね。だめですか、わかりました。よく頑張ってると思いますよ、わたしさん。例えば、今夜も2枚ほど書きました。しかしながらも、追い込まれてますよ。罵声をがんがんに浴びてますからね。毎日、朝から晩まで。まぁ、頑張っておりますよ。あなたも、頑張りましょうね。それでは、また月の夜に。...

  •  0
  •  0