FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2019年09月 1/1

-みえないこころ-

No image

はてさて、夜の夜長に、いかがお過ごしでしょうか。SNSは、あれですね。noteはまだよいですが、Twitterなどは、荒れてますな、わたしさん。それもこれも、あんまし余計なことは言わず。たまに、こちらに足を運んでくださる方は、ありがとうございます。ほぼほぼ、誰がみてくれてるのか、わからないんですけどね、ほんとは。陰ながら応援してくれるのは、ありがとう、と思うけど、たまには、表向きにも応援してくださいね。わたしも...

  •  0
  •  0

-Voicy-

No image

こんばんは。夜更けに失礼します。昨日から、Voicyというラジオアプリを入れてみました。キングコングの西野亮廣さんの配信を聞くため、と思いつつ、その他のパーソナリティさんの配信やニュースの配信などもあり、面白いです。これから、執筆の時間に、何となく聞きながら、というのも、よいかもしれません。パーソナルラジオ、みたいな感じで、少し親密な感覚が、さらによい雰囲気です。それでは、また秋の日に。...

  •  0
  •  0

-執筆-

No image

このところ小説を書いてる時間が少ない。新しいアルバイトを始めて、まだ慣れないなか、少しゆとりを持たせるため、あまり執筆はしておりません。今夜は少し時間を作れるかな、と。そんな感じで原稿をテーブルに乗せてみました。実際に作業に移るかどうかは、まぁ流れや気分次第なところです。とはいえ、余白は欲しいので、無理のない範囲で淡々と参ります。では、また佳き日に。...

  •  0
  •  0

-アートの漬け物-

No image

音楽も絵画も、小説も短歌も、この24時間のあいだ、しっかり漬け物になっておりました。昨日は、少し前に始めたアルバイトを終えて、それからはアートの漬け物になりました。まぁ、贅沢な話であります。アート浸りの漬け物ですから。そういう環境や、求めてもらえることも、実際のところ、ありがたい話ですし。とはいえ、さすがに漬け物になり、疲れてきたので、今夜はゆっくり晩酌をして寝ます。それでは、また秋の夜長に。...

  •  0
  •  0

-紅茶-

No image

もう何年も、云十年もコーヒーを飲み続けて。ここに来て、喫茶店で紅茶を飲むようになった。アイスティーや、ホットティーなど。何だろう、この心境の変化は。それに伴い、心なしか煙草も減っている気がする。よくわからないけど、人は変わるものかもしれない。そんな日記でございました。...

  •  0
  •  0

-近況について-

No image

このところ、blogやSNSで、あんまり心配をかけるのもどうなのかな、と思っていて。もう1年くらい、考えてますね。ほんと、心配されてしまうと、何も言えなくなるし、でも、それで黙り込んで、ほんとうに身投げとかに走るよりかは、ダウナーな投稿で、周りの人たちに心配をかけながら、それなりに前向きに生きていられた方がよいかな、とは思ってます。実際のところ、毎日のように罵声を浴びてますから、まぁ、なかなかにしんどいも...

  •  0
  •  0

-東方氏の近況-

No image

こんばんは、お晩です。夜の夜更けに失礼いたします。さて、わたしは、といえば。短歌や小説の推敲を相変わらずにしております。短歌は煮詰まりながら、その原因を探ると、実は来年の新人賞のことも気にかけていたことがわかり、その候補作を、少し来年に回すものと、今年に応募するものとに、分けることにしました。はてさて、小説の方は。今月と来月、一番力を入れている新人賞の季節です。ただ、なかなか思うように筆も進まない...

  •  0
  •  0

-星の降る夜に-

No image

歩みをゆるめて、ゆっくり歩む。その傍らには、金木犀の香りがするかもしれない。その向こうには、誰かが微笑んでいるかもしれない。わたしの元に届いてくる声は、それは、時として、そのほとんどは憎しみかもしれない。でも、その憎しみをきちんと解析すると、その人の周りに、わたしを応援してくれている人が居て、そのことが気に食わないから、わざわざ声を大きくして、わたしの元に憎しみを届けているのかな、と思う。そう、思...

  •  0
  •  0

-小夜月の夜に-

No image

コンビニや茶店で、感じのよい店員さんが居ると、とても救われる。人付き合いの少ない日々なので、そういう些細なとき、感じの悪い人に当たらないと、とてもよかったなと思う。たまに、そういう感じのよい人がいる。それは、とても単細胞だけど、あぁわたしは全世界から嫌われてるわけではないのかもしれない、と思いそうになる。昔、友人から、隠れファンとかいるんじゃない、と言われて。そのあとも、知り合いにその話をしたら、...

  •  0
  •  0