FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2017年10月 1/1

-毛色はピンク色-

No image

昨日、新人賞に投函してきました。疲れやら体調不良やら、愚痴をこぼしたいけど、あんまりこぼすと自分の立ち位置が思わしくないので..「ピンク色の服」という歌を作りました。今までとは毛色の違うユーモアのある歌です。もう少しだけ頑張ります。...

  •  0
  •  0

-私は.. 死角は見ないよ-

No image

大切にしている人。そういう人にも、私からは見えないところはあります。もちろん、自分自身にも、自分からは見えないところはあります。見えないなら見えないままにしておけるくらいがちょうどよい。そのくらいがちょうどよい。...

  •  0
  •  0

-胃もたれと粘着-

No image

夕飯の胃もたれが現在進行形のまま、日付を跨ぎました。太田胃酸を飲んだけど、全く効果はありません。執拗に体調が悪いのか、粘着に疲れているのか。興味を持ってくれるのは、ありがたいけど、あんまり朝から晩までやられると、さすがにね、やりすぎだと思うわね。どうしたものか、とは思うけど、結果とか、感謝とかで、ねじ込むしかないね。今日もお付き合い、ありがとうございます。それでは、また。おやすみなさい。...

  •  0
  •  0

-切り替えて-

No image

このまま、もの言わぬ貝になりたいけど、切り替えて、頑張ろう。...

  •  0
  •  0

-高架橋-

No image

いいことも、悪いことも。あまり言葉にはしない方がいいね。とりあえず、音作りも佳境。執筆も佳境。僕が好きなのは高架橋。幸か不幸か好きなこともできている。ありがたいことなので、しっかり目の前のことから、ひとつずつ。...

  •  0
  •  0

-music-

No image

最近、聴いている音楽。とりあえず、birdが良い。あと、勉強というか、Stingを聴いている。昨日は、レイ・チャールズを聴いてみました。良い音楽は、まだまだ沢山あるね。...

  •  0
  •  0

-今日は寒いし、筆は重いし-

No image

日々、いろいろブログに書こうかな、と思うことはあるのですが、何分、今日は寒すぎます。寒くて、書くことも、ままなりません。先週、借りてきたDVDを珍しく2本とも観れたので、調子に乗って、また2本借りてきたら、手つかずで明後日には返却日。調子に乗るのは、良くないですね。何事につけても。少しだけ、執筆してから、寝ることにします。来年に向けては、重い話を書いてるんだよなぁ。その分、筆も重いけどな。...

  •  0
  •  0

-仮面ライダーブラックRX-

No image

今日、帰り道にラジオを聴いていたら、「仮面ライダーブラックRX」の主題歌が流れ始めました。「ブラック」と「ブラックRX」は、ほんとに大好きで観てた世代なので、最初、曲が分からなくて、切ない気分に。しかしながらも、大サビでは、覚えてるフレーズが流れて、さすがに全然覚えてなかったら、切なすぎるけど、少しも覚えてるフレーズがあり、少し安心しました。...

  •  0
  •  0

-過程-

No image

本を書いています。出版するときは、紙面、表紙など、すべてのデザインから自作しています。音楽を作っています。配信や出版するときは、ジャケットから歌詞カードまで、すべてのデザインから自作しています。演奏もオケもすべてを自作します。普通だったら、一人ではやらないことも、何かと一人でやります。その他にも、絵を描いて販売して、短歌を詠んで歌集を作り販売しています。ただ、制作面においては、すべてを一人で作って...

  •  0
  •  0

-読書の秋-

No image

すっかり肌寒くなってきました。読書の秋に、芸術の秋。ということで、先日、西野さんの本を楽天koboで衝動買いして読んでみました。売り切れ、予約販売、と世間は騒いでおりますが、僕は基本的にビジネス書は電子版で買います。そのあと、西野さんの本で少し見かけて、元々興味もあった堀江貴文さんの「多動力」も読んでみました。最初は強い語調に戸惑いもあったけど、何か最後まで読んだら、普通に真面目で堅実な人だなぁと。「...

  •  0
  •  0

-心に馳せる物語を-

No image

力仕事をしてから、一週間経つけれど、未だ筋肉痛は治まらず。時に、肉離れなどかと疑うも、段々薄れてはきているし、別に構わない。それでも、日常に、そんなことを労ってくれる人など、いるはずもなく。仕方ないので、今日もこんな時間に、小説を書いています。小説だから、別に自分の話ではないし、架空のものを捏造しての話だけど、ある程度、自分の核心に触れるものになることは、間違いない。今年の新人賞は、絵画をモチーフ...

  •  0
  •  0