FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2017年07月 1/1

-誰のため-

No image

誰のため、とか誰かのため、とかあるけど。自分が活きるように生きられたらと思う。自分が活きれば人のためにもなるだろうし。自分が殺されれば人のためにはなりにくいし。そういう感じで生きられたらと思う。悪意やら、悪い噂やら、色々あるかもしれないけど。無視はしないし、気にしなくもない。気にするから、明日は、今夜からでも、今までとは、少しも違う角度から見れたらなと思う。...

  •  0
  •  0

-どうせなら-

No image

どうせなら~。と始まる歌があります。かなしい、より、ありがとう、と言えたらいい。...

  •  0
  •  0

-ここ最近のこと-

No image

木曜は、夜、交流会に参加してきました。そういう場に顔を出すのは久しぶりで、少し緊張。けれど、とても優しく迎えて頂き、楽しい時間を過ごせました。またゆるっと参加できるといいなと。土曜は、夜、イベントへ行く予定でしたが、道すがら、なんだか妙に嫌な予感がしてしまい、そういうのって無視できなくてキャンセルしてしまいました。疲れもあったのかな。。日曜は、午後から、つくばの展示会の会場へ。そういう場では、知り...

  •  0
  •  0

-泣け、もっと泣け-

No image

たまには、ぐっと泣かせるblogを、いつもみてくれている大切な君を、あなたを、ぐぐっと感動させて泣かせちゃうようなblogを、書こうと思ったけど、柄じゃないので、やめました。とりあえず、君が、あなたがいつもみてくれていることを、僕は知っているよ。嘘、多分あんまり知らないかも。君は、あなたは、たまに心配そうな顔をしているけど、僕は、意外と少しは知ってるよ。どこかで、いつかどこかで、「いつも、blogみてるよ」な...

  •  0
  •  0

-世人我のため-

No image

あんまり世のためにばかり制作していると、それは、どうにもうさん臭い。本心がどこかにあるのじゃなかろか。かといって、人のためばかりに制作していても、少しばかり心配されてしまうし、何かを犠牲にされて尽くされた方は、たまったもんじゃない。だけれども、自分のためにばかり制作していても、それはそれで、どうにも虚しいし、なんだか後ろ切ない。そのちょうどいい辺りで、色んな塩梅のなかで、こう何というか、たまに誰か...

  •  0
  •  0

-BGM-

No image

最近は専らTSUTAYAの宅配レンタル。何なら映画すら借りに行くのが面倒で、宅配してもらうかhuluか。少し前に柴咲コウをレンタルして、聴き心地はいい塩梅。あとは、キリンジとかも聴きやすい。とは言え最近は苛々していることも多いので、そうなると、すかっとB'zとかSophiaとかを聴いてしまう。あの辺りの哲学的な完成度というか、自己啓発的な歌詞の完璧さは最高にいい。という今日この頃の音楽日和です。...

  •  0
  •  0

-Lost Blues / the thomas / 新録音-

No image

昨日、過去音源を載せたばかりですが。やはり、少しメロディも変化してきていたり、現在の歌を聴いてもらいたいなと新録音しました。暗い気分のときにでも、よかったら聴いてみてください。明るく楽しい歌は、世間にも溢れてますし、僕は、鬱屈して、どうしようもないときの歌を歌い続けていきたいと思います。どんなに僕を憎んでいる人の心にも、優しい光りを灯せるような歌を、そういう生き方を心がけております。Lost Blues / t...

  •  0
  •  0

-2010/9/16/多作 / the thomas / Lost Blues-

No image

普段、昔の音源を載せることは、あまりしませんが。この楽曲は、2010年、その頃にお世話になっていた今はなき渋谷のライブハウス「多作」さんで演奏したものです。その翌年に、震災があり、4月にも、東京でイベント参加が決まっていました。けれど、色々考えて参加を見送ることにしました。最近は、そういう演奏活動をしていた僕を知っている方は、あまり多くないんじゃないかと思い、こういう記事を書いても、それはそれで、少し...

  •  0
  •  0

-ひとりの夜に-

No image

なんだ、つれないなぁ。冷たいなぁ。さみしいとき、寄り添ってくれる人って、なかなかいないよね。寄り添えているつもりになっていたのに、どこにも触れられないし、感じられなくなったり。だから、誰かにとって、誰かのさみしいとき、何となく思い出せる人になりたいし、孤独に苛まれて、ひとりきりに思えてしまう、そんな夜にyoutubeを開いたら、あ、こういう人が居たよね、そう思えるような音楽を作りたいし、そういう風に生き...

  •  0
  •  0

-逃げること-

No image

生きてたらよかったのに。逃げたらよかったのに。って言う人は多いけど、ほんとに逃げるとまぁいい顔はされないよね。いつも、いつでも、常にとか、また、そうそういつまでもとか、逃げ続けるのは難しいけど、あ、ないな、とか、あれ、まずいな、というとき、誰かに食いものにされても、ろくなことないと思う。気に食わない奴は蹴っ飛ばしてでも、自分の人生は、幸せに生きよう。...

  •  0
  •  0

-人を想う-

No image

そういうタイトルの歌がホフディランの歌にあります。少なからず誰しも想うときは、あるのではないかな、と思いますし。そうして、日々は、ぶつかりながらも、折り合いながら続いていくような気がします。...

  •  0
  •  0

-相変わらず-

No image

相変わらず、人は人。そうは思うけど、なかなかね。こっそり心のなかで、いいねしたり。ひっそり微笑んでみたり。でもまた相変わらずの、いつも通り。日々は、過ぎるので、ブログを書いたり、呟いたり。腐ったり、戻ったり。浮いたり、沈んだり。仕事したり。辞めたいと思ったり、続けたり。相変わらず、低空で。thomas書記...

  •  0
  •  0

-三尺三寸の雨 / the thomas-

No image

三尺三寸の世界に降る雨の風景。ただ君だけのかなしみと僕だけの苦しみのために。そういう小さな世界を歌にできたら。よかったらよくなくても聴いてください。三尺三寸の雨 / the thomas / youtube歌の解説って、あんまり格好よくないけど、少しだけ。三尺三寸は、およそ1メートルです。昨年の冬に、早朝の凍えてしばれる中で、雨に打たれているとき、なんであたしばかり、こんなに凍えるのだろう、と思いながら、これは、寒さと雨...

  •  0
  •  0

-週末のこと-

No image

土曜日は舞台のお手伝いへ。執筆した小説を少しだけ読んで頂けることになり、約半年前から、しばしばこつこつ書いておりました。その物販を主に担当して。周りの演者やスタッフの方が、何かと気遣い購入してくれて、有難い限りでした。緊張と立ち仕事で腰がよろよろに傷んでいました。日曜日は日曜日でつくばの展示を内覧に。友人もきてくれて、最近知り合った絵描きの先生ともお話しできました。それでも肌身に触れる現実は、どう...

  •  0
  •  0

-一般論的な-

No image

人はひとりじゃない。とか、雨は誰にも降り注ぐ。とか、そういう当たり前のことを歌わないっていいな。ただ君だけに、君のもとにだけ降り続ける雨を拭う、傘やレインコートになるよ。ほら、何かそれっぽい歌になりそうでしょ。そういう感じ。基本的には絵空のものである、歌や作品の良さってそういうとこにあるんじゃないかな。...

  •  0
  •  0