FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2015年10月 1/1

-MISIA 04-

No image

連日連夜、冷静と情熱の間を行ったり来たりしています、トーマスです。とりあえず、MISIAを聴いていれば間違いない、何がどういうだか分からないけど何か多分間違いない、と思う最新版のアイデンティティを更新しました。thomas書記...

  •  0
  •  0

-夜-

No image

何を言葉にするかせぬべきか考えるのは歌詞や短歌や小説でも大事よねさね、という辺りで何か空気感とかでブログなどを続けているのだなぁなんてなことを最近よく考えてしまう、夜も多いのであります。thomas書記...

  •  0
  •  0

-misia 03-

No image

2007年くらいのmisiaのCDが500円で、比較的新譜ぎみにしてはとっても安いので購入。この辺りの年代になってくると、初期の夏っぽい感じから、秋冬の甘いトーンになってくる。歌声も歳と共にかなりまろやかになり、恋人達のラブソング感が満載。気分によっては、初期のきれっきれ感がいいときもあるけど。こういう季節になってくると、何となくクリスマス感を音楽から頂戴して浸るのが僕のひとつの趣味でもあります。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ローテンション感-

No image

以前から、ずっとjazzも好きなんですけど、お洒落すぎて、たまにしか聴けないのです。bluesの方がどちらかというと、フラットな肌に馴染みます。でも、フォークロックとか、ブルースロックとか、そのくらいのローテンション感がしっくりくる感じがします。thomas書記...

  •  0
  •  0

-憧れ、というか、あれ-

No image

今、あれですね、例えば、スリーフィンガーの練習をしてます。「春の木漏れ日の中で、君の優しさに 埋もれていた僕は、弱虫だったんだよね」僕たちの失敗 / 森田童子そういう歌を作りたいです、いつか。とても暗いけれど、しみじみとした味わいのある歌。今日は喋りすぎました。それでは。thomas書記...

  •  0
  •  0

-misia 02-

No image

引き続き、misiaのベスト聴いてます。「Everything」の歌詞、こんなに素敵だったんだなぁと、当時、気付かなかったところに、目を向けられること。少しは成長できてるとこもある。と思いたい。ものです。thomas書記...

  •  0
  •  0

-misia-

No image

misiaの初期ベスト聴いてます。当時、「BELIEVE」が好きで、今、聴いてもいい曲ですね。thomas書記...

  •  0
  •  0

-blues-

No image

「Blues / Eric Clapton」今までクラプトンには、そこまで惹かれてなかったけど、これを聴いたら、変わりました。thomas書記...

  •  0
  •  0

-みえる-

No image

色んなところに、グレー、ブラウン、紅色、藍色...etc汚れてみえると思うけど、thomas書記...

  •  0
  •  0

-静寂-

No image

thomas書記...

  •  0
  •  0

-ゆるく-

No image

ゆるく湯舟に浸かっていた先ほどのこと。頭を洗っていたくらいから、ずっとエンドレスに「First Love」が流れてるんですが、一番おいしい辺りの歌詞が全然出てこない。もう15年以上も経ちますよね、そりゃあなた出てこないわけですし。thomas書記...

  •  0
  •  0

-交わり-

No image

主張も意見も考えも生き方も違う私たちが、ぶつかり合ってすれ違いながら今日も交わっていく。昔作った「涙色」という歌があります。近いうち、どこかで。thomas書記...

  •  0
  •  0

-秋 2015-

No image

秋ですね、でも仕方ないけど秋です。先日、十五夜とかスーパームーンとかセーラームーンとかありましたけど、数日の間続けて月を見上げていたように思います。またすっかり見上げなくなりました。流行にかまけてニュースに右往して、なんだか勝手なもんだなぁと我ながら過ごしています。thomas書記...

  •  0
  •  0

-十五夜-

No image

消えることないと、尽きることないと、先日、十五夜の夜に作りました、久しく作れていなかった、何となくどことなくの言葉とメロディを、うまくコード感にも乗せられたように思います。十五夜の灯り / the thomas / youtubethomas書記...

  •  0
  •  0