FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2014年08月 1/1

-今日の日記-

No image

今さっき、日記書いてたら、長文になって面倒な感じだったので、やめました。そういう感じ多いんですよね、最近。寸止め投稿のラタウです。あ、ラタウってのは僕が作った曲の主人公です。thomas書記...

  •  0
  •  0

-先日の動画-

No image

先日、日記に書いたyoutube動画、誰に言われたでもないけど、ちょっと不親切かしら、という感じと、やっぱし控えめというより、聴いてほしいなぁとも思い、こちらにリンクを貼っておきます。今回は、というか、いつもですが、恋愛の歌としても聴けて、生きることの歌にもとれるような、そういう雰囲気で作っています。多くを語ろうとは思わないけど、歌の中に、語り過ぎなくらい語られているように思います。【初音ミク】空【thoma...

  •  0
  •  0

-景色-

No image

youtubeに、「空」というフルオケと、「さよなら夕日」「リオ セレステ」という弾き語りをupしました。「同じ空がどう見えるかは心の角度次第」これは、つけまつけるの歌詞です。ユトリロという画家の絵が好きです。きっとそういう風に景色が見えていたんだろうなぁと思ったりします。そして、時折、そのユトリロが見ていたであろう景色に、共感したり、思いを馳せたり。人が押し付けてくる、悲しい尺度で測らないように。thomas書...

  •  0
  •  0

-妄想-

No image

妄想って言えばそうかもしれない。色んなことを、悲しいことを嬉しいことを、悔しいことを愉しいことを、やるせないことを可笑しいことを。でもそういうニュアンスがあるから、その曖昧なアンニュイを捉えて、音楽を作ったり詩を書いたり絵を描いたり。ただの趣味なのかもしれないし、そうではないかもしれないし。そこから見える何たらを、切り取れるようなニュアンスで。thomas書記...

  •  0
  •  0

-つぶやき集 vol.1-

No image

TwitterやFacebook、mixiなど、僕もしてるんですが、過去につぶやこうかな、と思ったり、今の心境の、つぶやき集を綴ってみます。Entry No.1「最近、華原朋美のROSIERが気になって仕方ない」Entry No.2「初期黒夢は歌詞がとても素晴らしい」Entry No.3「500円のシャツ購入。渋い」Entry No.4「海の神、山の神。音楽の神も笑いの神もいると思う。そして、決まっていつも降りて来るのは、苦しみを堪えて真面目に続けて更に一歩踏み出...

  •  0
  •  0

-曲-

No image

五年後、十年後。五年前、十年前。そのどちらも、曖昧で、あるような、ないような。故に、せめて普段、色々曲を作ってるわけですし、一瞬というか、この今現在の時間に。例えば、そんな曲を聴いたとき、あぁ聴けてよかったなぁ、なんかいいなぁ、そういうニュアンスのなにがしを、思えるような曲を作りたいと思うのです。thomas書記...

  •  0
  •  0

-心-

No image

黒い心、白い心、グレーな心。心の色も百鼠。そういうところで。おやすみ。thomas書記...

  •  0
  •  0

-下書き保存-

No image

またしても、下書きに切り替えてしまった今日先ほど。なんか違うんだよね。思いを言葉にするって、こう、なんていうか。パラドックスを含み過ぎてますね。thomas書記...

  •  0
  •  0

-テレビ・続-

No image

お昼の台風情報を観ていて。昨日の夜中にあんなこと書いたけど、あぁいう時間帯に情報が欲しい人というのも、多分、確実にいるんだよなぁ、ということに気付いて思いを馳せる。thomas書記...

  •  0
  •  0

-テレビ-

No image

ここのところ連日、この時間になるとNHKで台風情報やってる。でも実際観てるのって自分みたいな関係ない人が多いんだろうなぁとか思ったり。情報が欲しい人は多分もう寝てるよね、きっと。そういう感じ。thomas書記...

  •  0
  •  0

-吊り橋-

No image

一歩ずつ。ゆっくり。ほんとは闇雲にダッシュしたいけどね。でもゆっくり。一歩ずつ。thomas書記...

  •  0
  •  0

-下書き保存-

No image

最近、下書き保存の日記ばかりが増えてゆく最近。日々結局あまり書けることってないのよね日々。とりあえず、今日書けるのは、ところてんとモスは意外と美味しい、ということくらいでしょうか、とりあえず。ではおや、すみなさい、では。thomas書記...

  •  0
  •  0

-聴こえない声-

No image

聴こえない声が聴こえる。というと危ないところですが。病気ですが。「聴こえない頑張れを、握った両手に何度もくれた」コブクロ「蕾」の歌詞です。そういう聴こえない声は、聴くように心がけたいものです。thomas書記...

  •  0
  •  0