FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2013年09月 1/1

-小説作家活動-

No image

小説を書き始めて三作目。今作は、サクサク進む感じじゃなく、地道に、一日一頁くらいの感覚で細々と書いています。ゆっくり内容を煮詰めながら、方向を確かめながら。多分、書こうと思えばペースは上げられるけど、なんとなく今回は違うかな、と。今回の作風は、今までで一番、小説の体が強く、外回りの大筋からラストへ斬り込んでいく雰囲気で、慎重にラストへ向かわないと筋が外れてしまいそうで。今日も一頁書いたし、また明日...

  •  0
  •  0

-この夜に-

念願の「この夜に・・・」届きました。いい買い物をしました。なぎらさん。thomas書記...

  •  0
  •  0

-返せないまま-

No image

今日もまたsophiaに救われた。人をみること。人を想うこと。人に救われること。それは人をみたときに感じること。その人をみる気持ちを思い出させてくれる。そんな音楽が僕にとってソフィアの音楽なのかもしれません。いつも「協調性」という言葉を思い出す、ソフィア五人のバンドメンバーの姿。それは、音楽性の崇高で格式高い響きや、芸術性、という架空のものではない、シンプルな心の音楽。心の言葉。僕が一番忘れやすくて、一...

  •  0
  •  0

-糸-

No image

ピアノ線糸例えばthomas書記...

  •  0
  •  0

-秋の夜長に-

No image

先日、いくつかのサイトにて、フォークソング集の配信がはじまりました。こちらは、iTunes Storeより。風景写真 (Folk Songs) - EP / 戸室健太郎 / iTunes StoreAmazonからも配信されています。風景写真 (Folk Songs) - EP / 戸室健太郎 / Amazon mp3 Store秋も深まるこれからの季節に、しっぽりと安らかなフォークソングはいかがでしょうか。それではまた。thomas書記...

  •  0
  •  0

-つくるということ-

No image

僕の生まれた七ヶ月後、ジョンレノンは殺された。殺される覚悟がないなら、音楽なんてやらない方がいい。と真面目に思う。冒頭のことが現実であり、事実である以上。自分が不幸になり、家族が不幸になり、友人が不幸になり、それでも作らなければならない音楽に、小説に、魂が宿らない、はずがない。そう信じることの大切さ。それを失ったら作る意味は無い。thomas書記...

  •  0
  •  0

-デジタルトラック-

No image

自分が十代の頃、もう既にギターを始めていたから、DJという分野は専門外という思いはありつつも、それでも、ELTやT-BOLANのリミックス、ルパンのリミックスなど、いわゆる専門職の人からみたら、商業的な色合いが強いものだとは思うのですが、そういったところから、デジタルなトラックに好意を抱き、ヒップホップやハウスなど、あまり(全く)詳しくないながらも細々と聴いておりました。そして、元々打ち込みではそういう音楽を...

  •  0
  •  0

-ひと雨、ひと雨-

No image

今日は台風に思わぜられる一日でしたね。ひと雨、ひと雨ごとに涼しくなる、そんな実感を抱く夜です。女心と秋の空、移りゆく例えを、こんなにも美しく、かつ的確に捉えた言葉は、中々ないなぁ、とも。女心も、ひと雨、ひと雨ごとに涼しくなるのかも分かりませんね。苦情は直々にお願いします。。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ギターといえば-

No image

昔、ギターを始めた頃、雑誌でLUNA SEAのINORANさんが、ギターを持ったらまず弾くのは「Am」と言っていて、こうして歳月を経て、自分がギターを持ったときに最初に弾くのは、X JAPAN「紅」のイントロ。図らずも、Amから始まる哀愁のメロディ。どうしてもつい弾いてしまう。しかも結構みんな同年代だったりすると分かってくれるから、そういう意味でも掴みがいい。もう二十年近く前になるんだけど、やっぱしその頃の曲が、すっと手...

  •  0
  •  0

-最近のあれこれ-

No image

おとつい、エレキの弦を張り替え、磨いてみる。すべからく日々は弾くのが楽しみ。美しいルックス。やっぱしギターは見た目も大事。愛着もオグシオ。今日は休みだったので寝正月。ものの例え。夕方から動きだし数ヶ月振りに洋服を買いに。ワインカラーのウエスタンシャツが欲しくて、しかも安い値段で探すこと。in 古着屋。妥当な低価格で魅惑のルックス、ブランドもそこそこのナイスな一着を発見。千円以内也。いけすかないことば...

  •  0
  •  0

-あいさんさん-

No image

やさ、あたし、奇跡とか信じるタイプではないとは言わないなんて思わないけどさ。ひと作業終えて満喫のドライブに出まして。というか出来映えのチェックにはカーステが一番なんですよね。なんとなく気分の曲を聴いてから、作業し終った曲を再度チェックにかけて、ふと目をやるとメーター「333.3」時計「3:33」さすがに奇跡かと思ったですよ。やさ、奇跡とか信じられないとか思わないとは感じないけどさ。そういう夜でした。thomas...

  •  0
  •  0

-ゆけばわかるさ-

No image

言うは易し。行うは難し。だれもみていないようなことを。しずかにつづけてゆくことのたいせつさ。みていなくても。足跡は残るもの。そのひと足。ひと足は。だれもみていなくても次の駅へ、またその次の駅へ連れて行ってくれる。歩み続けていたなら。連れて行ってくれる。人に蔑まれて。見下されて。阻害されて。迫害されても。その足。その足は。歩むことが出来る。歩んでゆこう。歩んでゆこう。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ゆるく、きっちり-

No image

昨年末に、これからは楽譜制作にも携わることになるだろう、と思い「Finale」を導入して、予想通り、というか、そうなるように手がけ始めたこともあり、今年は「Finale」なしでは考えられない制作が続いています。今回ご縁を見つけたコンペでは楽譜も添える規格となっており、手早く速やかに仕上げました。やはりどうしてもスピード感を持って作業をしないと、時間対効果が下がってしまうので、素早く仕上げるように日々心がけてい...

  •  0
  •  0

-しそもゆかりもない梅干し-

No image

音楽に私は何を求めるのだろう。や、正確には求めないのかもしれない。小説がどういった表現を求めているのか、その辺りに静かに耳を傾けること。媒体がどのような音楽を求めているのか静かに耳を傾けて身を任せるように作ること。そのような制作をするためには自己顕示欲を控えめにしていく心がけが大切なのかなぁと、まだまだ自分、自分とでしゃばりたくなる己を静かに引き寄せて、声を潜めて誠実に耳を傾けたい。周りの声に。相...

  •  0
  •  0