FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

Archive2013年02月 1/1

-冬ソナ聴きつつ-

No image

昨日辺りから、楽曲のダウンロード配信を始めました。昨日辺りというか、昨日なんですけれども。「小雨日和」戸室健太郎2013年3月リリースTr1.頬紅の雪Tr2.夢見の枕Tr3.日陰りの町Tr4.やさしい微熱Tr5.ザッハトルテ音律Tr6.レインの都Tr7.冬の小雨Tr8.木陰の泉Tr9.別れな草視聴だけでも、お暇なときに。。配信サイトも増やして行けるように邁進して参ります彡今日は、図書館で「冬ソナ」のサントラを借りて来ました。良いね。聴か...

  •  0
  •  0

-さり気なく何気なく-

No image

最近、お世話になっている古着屋さんやセレクトショップ、テナントさんのブログを色々と巡るのが日課というか、ちょっとした楽しみ、趣味になっているんですが。お洒落さんは何を着てもお洒落だなぁと思いますね。自分はこのコーデでこの着こなしは出来ないなぁとか思いながら、そういう風に観てるのが楽しみです。お洒落やファッションは、音楽や本、車と同じくらい大好きなもの。だから、つい同じ記事を何度も観てしまったり。。...

  •  0
  •  0

-誰かの想い-

No image

数年前に、春物のシャツを買いました。隣で、同じものを見ている人がいるような気がしたけど、以前から欲しくて、最後の一点だったから買ってしまいました。そのことは、未だに忘れません。先日、母の日のプレゼントに良いマグカップを見つけました。USEDの一点ものです。でも、給料日が来たら買おうと思っている人がいるかもしれません。私の気持ちは本物なのか。もっと母親想いの素敵な方がいるのではないか。そう思ってしまいま...

  •  0
  •  0

-とんねるず-

No image

とんねるずの歌は良いですね。どん底 / とんねるず / youtube迷惑でしょうが・・・ / とんねるず / youtube最近は、中でもこの二曲が沁みます。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ザッハトルテ-

No image

そんなことは、うん、言わないし、思っても言葉にしないよ。冷たいことは沢山言うかもしれないけどね。人を見下すようなことも。今日もこうしてブログなど書いて、好きな音楽を聴いて、明日も仕事があって、〆切もあって、そういう小さな日々を、仕合わせと呼んでも差し支えがなければ、思わせて頂けたらと思います。「第19回日本歌曲コンクール・作曲部門」に応募して来ました。日本語の声楽曲を、作詞、作曲、歌唱の三部門につい...

  •  0
  •  0

-夕日-

No image

過ぎたことをくよくよ考えても仕方ない。これからどう生きるか。今をどう生きるか。でもさっきテレビ観てたら、三丁目の夕日の茶川さんに髪型が似て来たなぁと思う。人生も日暮れを感じますな。まぁゆっくり暮るるに流るるように。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ひとりゆっくり-

No image

昨日から、少し気分を変えて、河口恭吾さんを聴いている。「風と落ち葉の季節に」というアルバム。秋の黄昏を思わせる和テイストのジャケットに歌詞。静かに耳を傾けるに好い。自宅でも良し、車でも良し。でもどちらかというと自宅でひとりゆっくりかな。大きなことは何も歌わない。今日の日のこと。明日の君のこと。どこかあなたのこと。そういうことを丁寧に歌う方だなぁと思う。明日は珍しく早起き。ゆっくり読書して休もうかし...

  •  0
  •  0

-広がるということ-

No image

ここしばらく、仕事やプライベートや、おそらく自分が思っている以上に、多くの方にブログを読んで頂けるようになり、とても有り難いことと同時に、今まで以上に、言葉には丁寧な気遣いや心遣いを心がけないとなぁと感じて居ります。古くから読んで頂いている方には、何かと物足りない面もあるかも分かりませんが(笑)これまで同様に、いや、それ以上に、面白い日記を書いて行きたいです。もっとこう何か、ガツンと笑えるやつを。...

  •  0
  •  0

-想い、想う-

No image

1998年の12月を最後に休刊していた「MUSIC LIFE」誌がiPhoneアプリで数ヶ月前より再刊行されています。高校世代に一番愛読していた音楽誌。そして、なんだか最近好きなアーティスト「Scott Walker」さんの特集が組まれていて、つい彼のレコードを買いに行ってしまいました。毎日の日々には色々なことがあるけれども、一生音楽人として、恥ずかしくない生き方をして行きたい。「好き」「ありがとう」「ごめんね」そういう言葉では伝...

  •  0
  •  0

-味わい-

No image

最近、きゃりーぱみゅぱみゅを聴いてると暗い気持ちになって来る。きゃりーがクラスの人気者であったかのような噂やら、中田ヤスタカが同年齢であること。未だ僕は、、なのに奴は、、と嫉妬に頭をクラクラさせながらも、そんな、なぎらさんの歌が肌身に沁み入る日々です。明日はラクになろうよね。明日こそは、そう思うのだが。これも、なぎらさん。元々暗い性格なのに年齢と共にその暗さは増すばかり。どーしたもんかね。まぁ別に...

  •  0
  •  0

-試作品-

No image

童謡や唱歌、わらべうた。声楽曲など。勉強のためにデータを作って解析しているのですが、こういうアレンジはupされていないようなので、youtubeに載せてみました。今日の日はさようなら / UTAU / thomas' factory / youtube人生の最期には、この曲を流してもらいたい。そんな一曲。thomas書記...

  •  0
  •  0

-ゆったりと、、-

No image

身の丈に合った仕合わせ。ほどほど。肩の力を抜いてゆっくり行こう。もちろん、やるこたやってね。それが意外にも良い効能を生むのかな。日々を楽しんで、出逢いを楽しんで。交流も摩擦も楽しみながら。ゆっくりユアペースで。流れをゆるやかに感じつつ。thomas書記...

  •  0
  •  0

-涙目茜空-

No image

X JAPANの「Tears」を聴くと、いつも励まれる。サビの強いメロディが、折れそうな心を支えてくれる。涙目茜空、、はスピッツ。thomas書記...

  •  0
  •  0

-選別、識別-

No image

Facebookやら、友人のブログやら、似たような言葉があり、心のメモ。効果のないことには見切りを付けて、効果の上がりそうなことに力を注ぐ。うん、悪くない。thomas書記...

  •  0
  •  0

-MIDIクラシック-

No image

「イタリア歌曲」声楽本にて、学びを深めながら、クラシカルなコンテストにも。一曲ずつ記譜に従って丁寧に、midiで打ち込みながら、構成を盗みます。今回のコンテストに学習が間に合うとは思わないけど、また次の機会も含めて、「日本歌曲」の声楽本も入手しようかな。クラシック歌曲の編曲基礎は、ポピュラー歌曲にも応用出来そうな感じ。方向性の見える学習は、モチベーションが上がります。thomas書記...

  •  0
  •  0

-音楽を作る-

No image

今年は音楽を作る本業に戻る年に。ということで、童謡の作曲賞用に一曲作りまして、現在、譜面を作成しています。ほぼ完成して来ました。明日はそれを大方に仕上げてから、わらべうたの小田原作曲賞へ向けての準備も始めたい。クラシックの作曲コンクールは、、まだ手がでないけど、年内には数件ほど制作しよう。この辺りは仕事ではないけど、普段作らないジャンルもありますし、良き勉強になりますから。うまく行かなかったり、辛...

  •  0
  •  0

-穴を掘る-

No image

穴を掘る穴を掘る穴を掘るモグラが出て来たモグラを叩くモグラを叩くモグラを叩く忘れてた穴を掘るthomas詩編...

  •  0
  •  0

-咲かせろ、徒花-

No image

夢破れても恋破れても仕事が潰れても音楽がなくなっても友人がひとりもいなくなっても家族がいなくなっても目が見えなくなっても耳が聞こえなくなっても家がなくなっても娑婆にいられなくなっても笑えなくても涙が出なくても生きていく花が咲き、散るように最後のひと片が枯れ終るまで咲かせろよ、命thomas詩編...

  •  0
  •  0