FC2ブログ
〜揺られ揺られる、日々の思いを、君へ、あなたへ〜

文芸座-factory-

音楽ユニット・ザ・トーマスの作品群、或いは文芸面のブログです。

-片岡鶴太郎展「顔 faces」-

0 Comments
健太郎
片岡鶴太郎展「顔 faces」を観てきました。

鶴太郎さんの絵は、前にデパートの展示でも観たことがあり、そのときは講演も聞きました。

それほど、思い入れのある作家ではないし、それほど素晴らしい作品と思っているわけでもない。

でも、個展をするなら観に行きたい、と思う魅力があるのは確かで、そういうものが、そういうものこそが、作家の魅力なのだと思う。



内容としては、そこそこ綺麗な絵が多くて、気分のよい感じ。

でも、メインの「赤富士」がよかった。

普通に観ると、あんまりピンと来ないな、と思っていたけど、映像と組み合わせるインスタレーションが始まったら、見惚れるくらい美しかったです。

その赤富士が、宇宙の星くずのようなものに包まれたり、金魚が泳いで水中空間のように見えたり、噴火の恐ろしさを醸したり、反戦のモチーフを想起させたり。

そのインスタレーションは、2周目くらいまで観てしまいました。

その他の常設展は、いつも観てるし、鶴太郎さんということで、お客さんも多かったので、そちらは回らずに帰宅しました。

なんていうか、絵画作品からエネルギーをもらった、というよりは、「片岡鶴太郎」という「人」にエネルギーをもらえる展示でした。



thomas書記

スポンサーサイト



-新曲「雨の駅舎にて」-

0 Comments
健太郎
今夜は、新曲を作りました。

「雨の駅舎」という楽曲です。

歌詞は、主に情景描写を中心とした、いつもの得意分野みたいなテイストです。

楽曲にしても、短歌や小説にしても、情緒感があり、趣のある作風が、わたしは得意で、そういう作品を作りたいのかな、と思っています。

内容は、恋愛のような雰囲気ですが、やはり、楽曲や作品というのは、フィクションの世界なので、せっかくなら前向きなものがよいなと思い、また、とはいえ、周りの方が聴いてくれたとき、やさしい気持ちになれる作品を作りたいな、と思います。

コード感やメロディなどにも力を入れておりますので、よかったら聴いてみてください。



雨の駅舎にて / 戸室 健太郎 / YouTube


thomas書記

-先日の観劇-

0 Comments
健太郎
少し前になりますが、先週の木曜日に下北沢の「小劇場楽園」にて、劇団minimumantiの公演「真世の光教」を観てきました。

写真を撮りながらの遠路でしたので、少し記事にしてみます。



行きの時刻も少し遅め。



東京駅に着いて喫煙所にて煙草を吸っていたら、偶然にも友人に遭遇しました。



内容は、こういう感じかなぁ、という憶測の中で展開され、程よい頃合いに伏線が回収される。

少し自分の書いている新しい小説に近い部分もあり、あまり影響を受けすぎない範囲で、刺激になるところもありました。



高速バスは、とても便利なもので、水戸と東京を僅かな時間でつないでくれる。

はてさて、観劇の感想を、と思いましたが、少し時間が経ちすぎました。

ただ、ひとつ記憶に残ること。

わたしの今書いている小説の中で、理路整然とした、きちんとした正義を、描かないこと。

それは、大事なことなのかな、と。

帰り道にぼんやりと考えていたことを、記憶しております。

それでは、あまりまとまりのない記事になり、失礼しました。

また月の明かりの灯る夜に。

-ろうそくの灯り-

0 Comments
健太郎
いつでも変わらずに、仏の微笑みなんかで、居られるわけがないだろう。

どんなときも同じような、やさしさを、百点満点を取れるわけがないだろう。

それでも、わたしは、昨日、わたしが踏み潰した、その人の、そのときのかなしそうな顔を、いつだって、はっきりと覚えているし、冷たく突き放したときの、その人の、切ない横顔を、片時だって忘れたことはない。

もちろん、それでは、そんなんでは、日常生活を送れやしないから、暫定的に、忘れたことにして、過ごしてはおりますが。

あなたのかなしさや、さみしさなんか、忘れるわけがないだろう。

それでも、忘れたことにして、生きるしかない人生も、あると思います。

きっと、心に届いてくれたら、そう願うばかりです。

それでは、また吹けば消え入る蝋燭の灯る夜に。



-大嘘平八郎(仮)-

0 Comments
健太郎
今日は抜けるような青空でした。

嘘はいけないよね。

水戸も曇りだし、都内も雨でした。

わたしの今日の行動を知っている人からしたら、大嘘平八郎です。

嘘吉松左衛門です。

でも、わたしが青空の下にいる可能性を考慮している人からしたら、あまり嘘とは思われないかもしれない。

例えば、わたしが中学生くらいのとき、俺は間違いなく近いうちギターが弾けるようになるし、きちんと作曲して世に発表するよ、と話していたら、どこかで大嘘平八郎が横目に見ていたかもしれないし、見ていないかもしれない。

でも、それも結果論なので、今となっては、当時の友人たちも、きっとトーマスくん(仮)は、すぐにでもギターが弾けるようになると思っていたし、いつか世に作品を発表する日が来ると思っていたよ、と嘘松門左衛門みたいなことを抜かしやがるかと思われます。

そして、今、また、そういう局面が訪れております。

勘の良い方は、ピンと来てるかと思います。

小説の話です。

結局のところ、それが、真実与太郎だとしても、周りの人も、友人や知人、職場で一緒になった方なども、トーマスくん(仮)には、期待してるよ、と話してくれます。

どうにも、そのひとつひとつが、嘘松小平次のように感じてしまう、わたしの心は、少しばかり汚れておるのでしょうか。

或いは、ほんとうに、びっくりするくらいほんとうに、期待してくれている方も、中には、きちんといることも、もちろん、知ってます。

誰とは言いません、どこの方とも言いません。

でも、多分、わたしの想像している以上に、過度な期待をしてくれている方のおられることは、十二分に把握しております。

そして、何なら、その期待を、既にわたしの想像以上だというのに、更に上乗せしてやろう、みたいな小汚いわたしさん(仮)であります。

或いは、こんな戯れ言のすべてが、わたしの嘘林倫太郎みたいなものかもしれません。

嘘はよくないよ。

嘘はよくないですよ。

そう、思います。

わたしも、そう思います。

だから、わたしは嘘はつくまいと思います。

正直に話すなら、わたしが作家たらんと生きることができるか、否か。

それは、半々くらいでは、と思います。

世に出るには、才能の不足があるかもしれないし、環境などの都合で、世に出る前に、筆を折らざるを得ない日が来るかもわかりません。

少なくとも、わたし自身は、そういう可能性を考慮した上で、今、こうして小説や短歌と向き合っています。

大嘘平八郎の名が廃るかもしれない。

もっと、どぎつい嘘をつくべきかもしれない。

しかし、それとて、嘘が真実になり、真実が嘘になる、そんなことは、日常茶飯事です。

わたしが、或いは、作家たらんとして。

そのとき、あぁ、トーマスくん(仮)なら、きっとやってくれると思っていたよ、そう話してくれる人も、おられるかもしれません。

そして、筆を折るとき、その日、それでも、納得してくれるか、否か。

しかし、それとて、嘘松と真実太郎のあいだを行き来する、日々の徒然のようなもの。

だとしたら、わたしは。

きっと、小さな物語を書けること。

物語、というのは、現実に対する、ある種の、嘘、です。

だからこそ、わたしは、その、嘘、の物語を。

書ける物語を書こうと思う。

誰かの応援、があるかしら、わからない。

誰かの支援、があるかしら、わかりません。

けれども、わたしが、(多分、こうして、この記事を書くことで、その期待値を上げている自覚くらいはある)、その期待値に対して。

誠実な人か、わからない。

でも、おそらくは。

わたしが、明日とか、明後日とか。

そういう、割と近い日に。

挫けそうな夜とか、昼とかに。

こっそり、こういう記事を読んでくれて、心のなかで想ってくれる、誰かの声を。

わたしは、その声を、しっかりと聞いちまうんです。

アンチの野次ばかりが飛ぶ、青空の下で。

そんなささやかな声を、わたしは、きちんと聞いてしまうのです。

そして、こう思うでしょう。

あぁ、期待値が重いなあ。(www..)

そして、その重荷を。

苦い言葉の端々として。

作品に、乗せたり、乗せなかったり。

きっと、約束してくださいね。

トーマスくん(仮)は、そういう人だと思っていたよ。

前々から、そう思ってたんだよね。

やっぱりトーマスくん(仮)は、文学的な人だね。

と、きっと、微笑って話してくださいね。

それでは、また嘘松の花の咲き乱れる夜に。